MENU
月別

【2022年版】エロ変態しか読み進めてはいけない18禁の世界

  • URLをコピーしました!

変態しか足を踏み入れてはならない記事はこちらになります。変態でエチエチなことしかこの先にはありません!!

純真無垢な男性・女性の方が読まれるにはかなり刺激が強いかと思われます。また、エッチなことが好きじゃない方がこの記事を読むということは、お酒飲んだことない方がいきなりスピリタス飲むようなものなので、大変危険なので注意してください。

目次

エッチするならレディーのボディは細い派?それとも太い派?

これはきれいに意見が二つに分かれます!!でも、男って本当に面白いもので、細いレディーしか無理なんだ!っていう男はたいがい太めの女性でも全然エッチ出来るものなのですが、この逆の太めが良いっていう男は細いレディーは抱けないものなんですよね。

自分はタプついたお腹なのに、それを無視して女性のデブは嫌だ!!なんて言ってる男性を見ると、なんと愚かなことだと思ってしまいます。

マロン

太くても細くても、筋トレしてる女性のボディラインはキレイだし、機能的にも優れてるとなれば言うこと何もないですよね。筋トレ女子バンザイ!

こんな人とセックス(エッチ)するのは嫌だ!!

こんなんナシやで!!っていうエッチはあると思います。

特に言葉責めをしてるエッチをヨシ!なんて思ってる男性諸君が意外と多いのがビックリです。会話ならまだしも言葉責めは笑いを我慢してる女性がいることも認識された方がいいですよー!

あとは、音速で入れようとするのもナシですよね。ただ、たま--に濡れてない状態で無理やり入れて欲しいなんていう女性がいてるのは確かなのです。しかし、これはごく稀なので勘違いしないように気をつけましょう。

マロン

背中をニャースみたいな爪で血が出るほど、引っ搔く女性の話を聞いたときは大笑いしました(笑)変態諸君も気をつけてください。

セックスの時はS派?M派?

変態諸君が求めているものは高次元過ぎてあまり理解されないし、S派M派どっち?なんて聞かれても、答えはどちらでもあると言うのが正しいでしょう。

例えばですけど、前戯の時は責められたいけど合体したら、主導権を握りたいなんて考えてる変態もいます。このへんを上手く理解してくれる女性なんてなかなかいないものです(汗)

日本人女性がもっともっと性を探求するようになってくれないと難しいでしょう。ちなみに女性側にすり合わせようとしても変態諸君が納得出来なくなるだけなので、それなら時間をかけて変態の沼に女性を誘ってあげましょう。

マロン

エッチしてる時に、女性のアナルに指を突っ込むのはどっちなんだろう?!

ちんことおっぱいは大きければ良いという訳ではない!

ちんこは男性のシンボルとよく言われますが、決して大きければ良いというわけでもないのです。どちらかというと女性の穴とのフィーリングの方が大事なんですよね。

小さい穴に大きい棒を入れようとしても、なかなか入らないですし、また、逆に大きい穴に小さい棒を入れようとしたらぶかぶかですよね。このようなことから、お互いに合うサイズ感が良いってことなんです。

女性の魅力のひとつでもあるおっぱいも大きいければヨシ!とはならないのです。しかし、男とはアホな生き物だからどうしても、大きなおっぱいを持つ女性が目の前を通ると、ほぼ無意識なのに目で追っかけてしまいます。

これは鑑賞なので、実際エッチの時に女性のおっぱいに求めてるのは乳首感度の方が重要視されます。大きさよりも感度の方が重要なのは、やはり乳首を責めた時の反応ある方がエッチが盛り上がるからみたいです。

マロン

要するに、乳首感度を制したおっぱいこそが一番大事ということですね。

乳輪について

そもそも、おっぱいと乳輪は哺乳類のみに存在していて、乳輪は人類固有のものだと言われています。

また、大きい乳輪があったり、小さい乳輪があったり、はたまた、パフィーニップルがあったりと本当に乳輪だけでも変態どもに喋らすと、一日中語りつくしてくれることでしょう。

よく大きい乳輪は嫌だとか言う声を聞きますが、それは変態レベルが低いのでしょう。乳輪とはボディのエロさを表すことが出来る武器なのです。

また、黒いのが嫌だと言う声も聞きますが、変態への修行が足りないだけです。【黒いのはエロい】【ピンクはビューティフル】で覚えておきましょう。

マロン

パフィーニップルの女性って、日本人ではかなり少ないのです。出会ったときは超ラッキーと思わないとダメですね。

男性の乳首感度について

乳首の感度って、変態どもにとってはエッチの時に、結構重要ポイントみたいなんですよね。

そんな乳首の感度に興味を持ってしまった、そこの変態諸君!!早速感度を上げて更なる変態への高みを目指してください。まずは、乳首に普段から刺激を与えないようにブラジャーをつけてみましょう(笑)

でも、会社とかで透けて見えたらその会社には居られなくなると思わないとダメなので、そこは、男性用のニップレスとかで代用しましょう。

マロン

バンドエイドを使用する場合は、普通のバンドエイドよりもジャンボサイズのバンドエイドをおすすめします。

名器は快楽の坩堝を味わるのか?

男のチンポコは名器なんて言われないですが、女性の膣は名器なんて言われたりすることがありますよね。

そもそも、そんなにも普通の膣と違うのかって聞かれたら、体験したことある変態諸君は100%違う!!と答えることでしょう。膣の締まりが良いとか悪いのレベルではないのですよね。

膣トレで手に入れることが出来るのもありますが、名器の中でも上位にいくほど生まれ持ったものなので、出会えたときはしこたま味わうようにしましょう。また、間違いなく快楽の坩堝にハマります。

マロン

俵締めの中でも最上位の三段締めは本当に超希少なのでなかなか出会うことが難しいのです(泣)

名器についてのより詳しい記事はこちらになります。

あわせて読みたい
こんな名器に出会ったら即イキ間違いなし!?名器の種類や特長とは?【永久保存版】 今回は、男性なら一度は耳にしたことがある都市伝説的な女性の名器のお話! また、【名器を持つ女性と一度はセックスしてみたいな・・・】なんて思い描くのではないでし...

アンダーヘアは男女共に整えるべきなのか?

日本人もドンドン処理していかないとダメですよね。ツルツルにするかは、いったん置いといたとしても長さを、揃えるくらいはしてても良いでしょう。

チン棒くわえる時にチン毛が口に入って邪魔だなって思うことがあるじゃないですか。それと一緒でマンPを舐める時に毛が邪魔になることがあるのです。

上記のことからも、最低限はお互いに毛の長さは整えた方がより良い変態セックスライフを送れること間違いないでしょう。

マロン

チクチクするのは短くしすぎなだけで、何回もしてると適度な長さが把握出来るようになります。

付き合ってスグのエッチはアリ派?ナシ派?

こんなことを変態ともに聞いてるのが愚かなことですよね。アリアリのアリです。

何ならカラダのフィーリングを確認せずに付き合うのが「どうかしてるぜ!!」なんて言葉も聞こえてきそうですけどね(笑)

一番楽しくて、愛を求めあう時間でお互いに楽しめあえるかって、とっても大切なのです!

マロン

もっと性を清らかなものと考えてほしいものですよね。

日本人はキスが下手なのか?

これは、語弊がありますよね。よく海外かぶれの女性が日本人男性のキスは下手とか言ってるのを聞いたりしますが、たまたまアナタが当たった方が下手だっただけでは・・・!?と思ってしまいます。また、美女が言ってるならまだしも中の下位が言ってるのが悲しいです。

アジア圏はどちらかというと、性に対してあまりオープンな国がないので、上手い人と下手な人の差が出来てしまうだけなのです。

ラテン系や欧米人は性に対してオープンなので、変態諸君が好む深いキスを思いっきり楽しむことが出来るので、一度はチャレンジしてみることをおすすめします。

マロン

これはAV観てるより、ドンドン実戦で経験値積んで自分で研究しないとですよね。

うなじ下の毛はない方がエロポイント高い

ワンピースとか着てる人を後ろから見てると、うなじ下の毛がスゴイ!!って思ったことある変態諸君も多いのではないでしょうか!?ここで、注意して欲しいのが決して、うなじ毛ではないのです。

ましてや、電車の中やエレベーターの中で目の前に来られたら凝視してしまいます。けれど、ここの処理がしっかりしてる女性を見ると、舐めたくなるのは変態の証なのですが、電車の中とかエレベーターの中では何とか我慢しましょう。

逆を言ってみれば、ここの処理をしっかりしてると、それだけ魅力のある女性に見えるということでもあります。

マロン

経験値で言ったら1%も居ないので、処理してる女性を見つけるのは至難の業です。

最後に

変態諸君の様々なはてな?に解答していきましたが、本当に奥が深いことばかりです。

これからも、どんどんエロ変態道を突き進んでいき、そして、エロ教祖に一歩でも近づいていってもらえたらと思います。

また、純真無垢な男性・女性の方にこの記事を読むことは決しておすすめしないようにしてください(笑)

世界各国のエッチな色の記事はこちらになります。

あわせて読みたい
『国によってエッチな色は変わる!?』世界各国のエッチな色 世界各国によって、エッチな色(アダルトカラー)があるなんてビックリ仰天!! 我が国日本は、諸外国から変態と言われる国なので、日本だけにしかそんなエッチな色(アダル...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる