『国によってエッチな色は変わる!?』世界各国のエッチな色

趣味

世界各国によって、エッチな色(アダルトカラー)があるなんてビックリ仰天!!

我が国日本は、諸外国から変態と言われる国なので、日本だけにしかそんなエッチな色(アダルトカラー)は存在してないのかな?って思ってましたが、ところがどっこい世界中でエッチな色が存在していたみたいなので・・・

一緒に、少しエッチな扉を押し開けてみませんかね?

日本 ❝ピンク❞

そもそも何故日本では、ピンク色がエッチな色(アダルトカラー)になってるのか?ってはなしですよね。

日本ではエッチな行為を桃色遊技と言い、新聞の映画批評にポルノ映画ピンク映画と紹介したのが広まり、今のイメージが出来上がってしまったんです。

そう言えば、ひと昔前は電柱とか電話ボックスのとことかに、ピンクチラシがたくさん貼ってあって、それの事をピンチラなんて呼んでいましたよね(笑)

maron
maron

だから男性でピンク色の服を着てる人が少ないのかな?

アメリカ ❝青❞

ブルーは、日本では少し冷たいイメージが持たれがちな色なのですが、アメリカではエッチな色(アダルトカラー)と言う認識なんですよ。

【blue】という単語を辞書でひいてみると「卑猥な」「下品な」という意味で表現されていました。

また、アメリカとイギリスではポルノ映画のフィルムを、法律で青色にしていた為に、そういう認識になったみたいですよ。

日本でいうピンク映画も、アメリカだと【blue film】と言うそうです。ちなみに、下ネタのことは【ブルージョーク】って言うのです。

あと、アメリカでピンク色は、赤ちゃんの肌の色を連想させるため「健康な色」という意味合いで、使われることが多いのだとか。

maron
maron

アメリカとイギリスが同じだったとはビックリ仰天しましたね!!

イタリア ❝赤❞

日本人からすれば、イタリアと言えば情熱的で陽気なイメージなので、エッチな色(アダルトカラー)の予想なんて結構簡単に出来ちゃいましたかね。

❝赤❞なんです!!

まさしく、イタリア人のイメージ通りではないでしょうか。

イタリアでは、ポルノ映画のことをfilm rossoと言い、赤いマークのついた映画やテレビは大人が
見るものとされています。

イタリアでピンク「rosa」は、【恋愛】の意味なので、【film rosa】は恋愛映画ということになるんですよね。

maron
maron

お隣の韓国やフィリピンも同じくなんですよね!

中国 ❝黄❞

中国ではかつて皇帝の服の色が【黄色】だったこともあり、中国での黄色はお金や高貴な色として、プラスのイメージがあるのに対して、エッチな色(アダルトカラー)という、卑猥・わいせつ・堕落などのマイナスの意味合いもあります。

ポルノ映画は【黄色電影】、ポルノ本は【黄色書簡】と言うのです。

中国で、ポルノ規制されることを【掃黄運動】と言います。

また、中国ではピンクは「恋愛」を表す色であり、ポジティブなイメージとして使われる色なのだとか。

maron
maron

両極端の意味合いがあるのって不思議ですよね!!

フランス ❝白(もしくはピンク)❞

フランスでは、白はセクシーさの象徴とされるてるんです。

娼婦は、白のハイヒールやスカート・バッグを好んで身につけてるんですよ。

ですが、白はあくまでも【セクシーさ】と言う意味合いであり、アダルト・ポルノなどを直接表現する言葉は、日本と同じく【ピンク(rose)】なんです。

maron
maron

日本では白は純白・無垢のイメージがあるから近いようで遠い気がしますね!

スペイン ❝緑❞

ラテン系のイメージが強いので、エッチな色(アダルトカラー)も赤とか黄色なのかな?って思いきや、なんとなんです。

スペイン語では、『Verde(ベルデ)』と言います。ポルノ映画は【Cine Verde(シネ・ヴェルデ)】、エロ本は【Libro Verde(リヴロ・ヴェルデ)】

また、エロおやじは【Viejo Verde(ビエホ・ベルデ)】と言います。

maron
maron

日本だと緑って目に良い色ってイメージですよね(笑)

最後に

本当に、世界各国で色に対する認識が、全く違うことにはビックリ仰天ですよね。

けれども、万国共通のエッチな色(アダルトカラー)があってそれが❝紫❞なんです。

赤と青は日本でもトイレ表式に使われるなど、男女の違いを表す際に用いられている色ですが、これが混ざって出来る紫という色は、男女の交わりそのものという意味で用いられるケースが多々あるのです。

言われてみれば、確かに妖艶な感じもするけど!?って感じですよね。

また、国ごとの歴史背景などがあり、その国のエッチなイメージカラーが、出来上がってるみたいですね。

タイプ別危険女性と最低クズ男の記事はこちらになります。

コメント