ここぞ!!という場面で役に立つ将棋の格言【将棋上達の道標】

趣味

将棋を始めたらとにかく勝たないと
楽しめなくなっちゃいますよね😭

そこで今回はこの格言
覚えてるだけで上達のスピードが
段違いに早くなるかも😊

しかもこの格言の良いとこは
上のレベルにいっても
なお役に立つとこだと思います🎶

とくに終盤のほうでは知ってるのと
知らないのでは
大きな違いになること間違いなしです!🙋

将棋の歴史

日本に将棋が伝来した時期は
諸説ありますが物証に乏しく
はっきりしたことは分かっていません😅

現状で1993年(平成5年)に
奈良県の興福寺境内から発掘された駒が
最古と言われています✨😉

また駒は16点あり同時に
「天喜6年(1058年)」と書かれた
木簡が出土しました
「正確には天喜6年7月26日」

脈々と続く将棋の歴史の中で
偉大な先人たちの経験より
生み出されただけあって

実際に格言を踏まえて対局に臨むと
格言というものはやはり要所でキッチリと
役に立ってくれる訳なんだ✨🤩

玉飛接近すべからず【ぎょくひせっきんすべからず】

自玉の近くに自分の飛車がいると
手順に王手や詰めろがかかりやすくなったり

駒損しやすくなったりするので
離れておいた方が良いということ。

飛車は攻めの中心となることが多く
近くで激しい戦いが起こりやすいし

その中で飛車を狙われても
基本的には逃げられるので問題はない😄

しかし自玉が近くにいると
飛車を狙いながらの
王手や詰めろなどが生じやすくなるので

飛車の逃げ方が制限されて
働きが弱まったり場合によっては
飛車を見捨てないといけなくなる😭

特に初心者のころにやりがちなので
気をつけたいですね🎶😉

玉の早逃げ八手の得【ぎょくのはやにげはってのとく】

相手の攻めが止まりにくいとき持ち駒で
受けるよりも玉を安全地帯へ逃がした方が
手得につながるということ。

但し早逃げをすると手番を失い
次に相手から攻められてしまうので
その先の結果まで考慮することが重要である。

これはプロの公式戦でもそういう場面が
あるくらいなので覚えておくべきですね🎶

王手がかかる前に受けておく手は盲点
になりやすいので

王手がかかりやすい局面で早逃げ
意識してみてもいいかも知れませんね✨

三歩持ったら端に手あり【さんふもったらはしにてあり】

持ち駒に歩が3枚あるときは
相手の香車を吊り上げて

攻めることができるということ。

端は香や桂で守っていることが
多いもののどちらも後ろに
戻ることができない。

そのため端歩の突き捨てから
叩きや垂らしによって
香や桂を上ずらせようとすれば
形が悪くなって攻めやすくなる。

これは手持ちの歩の枚数が2枚でも
時と場合によっては成立する場合もあります😳

初めてこの端攻めがうまく決まった時は
かなり爽快感が得られると思います🎶

出来れば相手玉に近い端から
攻めていくのが良いのだけれど

場合によっては相手玉から
遠い端を攻めて相手の攻撃陣に
プレッシャーをかける事も可能です😎

終盤は駒の損得より速度【しゅうばんはこまのそんとくよりそくど】

終盤は駒を多く取るよりも寄せを優先するために
自分の駒を犠牲にしたり相手の駒を
取らなかったりすることが多いということ。

序中盤は駒得は積極的に狙って
出来れば駒損は避けていきたいですね🎶

寄せのときに斜め駒がないと
寄せ切らないとかだと
価値の高い駒を切ってでも

その斜め駒を入手していくのが
終盤で重要となり得る考え方です✨

序中盤の感覚と終盤の感覚は別物
なってくるのですがそこの判断の切り替えが
非常に難しいところではあります😳

金なし将棋に受け手なし【きんなししょうぎにうけてなし】

金将は守りの要であり金がなければ
敵の攻撃を受けきれないものということ。

終盤で自分の持ち駒に金がなければ
相手の寄せの狙いを
防ぎきれない可能性が高くなるということ。

これはもう頻出するので
忘れないでいただきたいですね✨😁

相手の寄せの狙いをより多く防ぐために
使う持ち駒は金が最も適していると言える🙋

特に終盤の攻め合いにおいて
自分の持ち駒に金がある場合は

自玉の安全のためにギリギリまで
残しておいた方が良い時もあります🎶

最後に

格言とは本当に古くからの言葉なので
要所できちんと意味を理解していれば

役に立ってくれるので
頭の片隅にでも入れておいて欲しいです🎶

これから将棋を始める人も
もうすでにやっておられる方も

是非使える場面がきたら
バシッと決めちゃってください😊

part2はこちらになります✨🤩

コメント